化粧品の輸入代行サービス

海外化粧品を輸入して販売する場合は、次に示すような多段階の煩雑な手続きが必要となります。

弊社では、輸入~販売可能な状態までの手続きを代行して、迅速・確実また安心・安全な化粧品をご提供いたします。

化粧品輸入代行業務の流れ

1

輸入商品のご相談

海外の化粧品を輸入する場合の手続きについて、またお客様が求める海外化粧品及びその入手先についてもご相談を承ります。弊社は多くの海外ブランド化粧品をご紹介できます。

2

商品の事前確認

輸入しようとする化粧品の製品情報(メーカー、製品規格、成分情報)を必要とします。弊社にて薬事法上輸入が可能かどうか、化粧品の成分表の確認をいたします。

3

成分検査

成分が薬事法を遵守していることを、分析を行うことにより確認します。成分分析提携先:株式会社ブルーム(厚生労働大臣 登録試験検査機関)

4

行政機関への届け出

薬事法上の手続き(行政機関 3か所への販売届出)を行います。

化粧品製造販売届書 都道府県薬務課(福岡県)
製造販売用化粧品輸入届書 近畿厚生局(大阪府)
化粧品外国製造販売業者
(外国製造業)届書
独立行政法人
医薬品医療機器総合機構(東京都)
5

輸入通関

船舶・航空輸送での輸入通関は、弊社指定の通関業者で実施させて頂きます。

6

表示ラベルの作成

海外化粧品を日本で販売する場合、日本語での表示ラベルの貼り付けが必要です。 薬事法の表示規定に準じて、ラベルの作成を行います。

7

検品・加工作業

薬事法では輸入通関後、市場への出荷まで化粧品製造業許可業者にて包装、表示、保管することになっています。弊社は信頼ある化粧品製造業者と提携して、迅速にかつ間違いなく商品の検品加工作業を実施します。

8

納品

加工作業終了後、弊社にて、出荷までの品質管理(検品)が確実に実施されたことを確認して、出荷判定を行います。お客様ご指定の場所にお届けいたします。なお、委託されました商品は、「化粧品製造販売業者」として書類の記録・保管を行います。